2種類の食物繊維をバランスよく摂取する方法

balance02

食物繊維をバランスよく摂取する為にはどうしたらいいのでしょう?

そもそもバランスよくというのは、どういった事なのか?食物繊維を摂取するだけでも、これだけの疑問が湧いてくるものです。そこで、食物繊維をどうやって摂取するのが理想的なのか、ここでご紹介していきましょう!

水溶性と不溶性をバランスよく摂取

食物繊維には水溶性と不溶性の2種が存在していますが、どちらが一方を摂取しすぎるというのは、お勧めできません。理想的なバランスは【水溶性1:不溶性2】という比率になるようにする事なのです。

なぜ不溶性だけではいけないのかといいますと、不溶性は便を増やすと言う役割があるので、スムーズな排便に効果的ではあります。しかし不溶性食物繊維ばかりを摂取していると、便がどんどん硬くなってしまうので、便秘を助長する事になってしまうのです。

こういったことから、不溶性食物繊維だけではなく水溶性食物繊維も摂取してもらいたいのです。

【参考】水溶性と不溶性の違い

具体的な摂取方法

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく含有している食品があります。【納豆、ごぼう、オクラ、ライ麦(パン)】といったものです。これらは2種の食物繊維が含まれていますので、どちらも同じように摂取する事が可能です。

水溶性を1、不溶性を2という比率バランスで考えていくと、各々の食物繊維が含まれる食品もチェックしておきたいところですね。

水溶性が多い食品

  • 昆布
  • こんにゃく
  • わかめ
  • 寒天

不溶性が多い食品

  • サツマイモ
  • アボカド
  • きのこ全般
  • ココア

これらの食品はそれぞれの食物繊維が豊富だと考えられていますので、1:2になるようにバランスを見ながら摂取していくと良いでしょう。

食事だけでは難しい?

もしも食事の中でこれらの食物繊維を摂取する事が難しいという場合であれば、サプリメントなどの健康食品を活用するのもいいでしょう。足りない食物繊維を補うという役割でサプリメントを飲むのは悪い事ではありません。

1つ注意してもらいたいのは、サプリメントだけで食物繊維1日の必要量を全て補おうとするのは間違いです。あくまでも足りない分を補うのがサプリメントの役目なのです。

【参考】食物繊維サプリメントのランキング