女性の大敵!便秘解消の効果

constipation02

食物繊維と言えば「便秘の解消」に効果があると言う話をよく聞くかと思います。中には「本当に効果があるの?」と思っている方もいらっしゃいますので、どういった理由で食物繊維が便秘の解消に効果的なのか、チェックしてみましょう!

2種の食物繊維の効果

水溶性と不溶性の食物繊維がありますが、排便に対してどちらも作用します。ですから便秘に対しても同じく効果を発揮してくれるのですが、それぞれに働きが異なります。どういった作用があるのか見ていきましょう。

水溶性

腸内で便を軟らかくする作用があり、有害物質や老廃物などを吸着して便と一緒に排出する事が出来ます。一緒に体に不要な糖分などを排出させてくれる効果もあります。

不溶性

腸内に届くまでに水で溶ける事がありませんので、便のカサを増やすのに役立ちます。便のカサが増えるので腸が刺激されて、蠕動運動を活性化させることで腸内の便滞在時間が短くなります。つまりスムーズに排便まで進んでくれると言うことです。

このように、どちらの食物繊維も便秘の解消に効果があると考えていいのですが、実は摂取の仕方を間違えると、便秘の解消どころか悪化させてしまう可能性があるのです。では、続いて便秘を悪化させてしまう理由を見ていきましょう!

偏った摂取方法が便秘を悪化させる

実は水溶性と不溶性の食物繊維というのは、どちらか一方を多く摂取し続けると便秘が悪化してしまいます。なぜそんな事になるのかと言いますと…

“不溶性食物繊維で便が詰まる”という状態が引き起こされるからです。

不溶性食物繊維は、先ほど言ったように「便のカサを増やす」という効果がありますので、摂取しすぎると便が増えすぎてしまい、腸内で詰まってしまうのです。そうなると結果的に便が出づらくなってしまい便秘が悪化するのです。

ちなみに水溶性食物繊維ばかり摂取すると、下痢を引き起こす可能性があるとされています。しかし下痢ではなく、便秘の悪化に繋がってしまう体質の人もいるようで、やはりどちらの食物繊維も一方だけ摂取するのは良くないという事が分かります。

バランスよく『水溶性1:不溶性2』という比率で摂取する事が、便秘解消の1番理想的な食物繊維の摂取方法になります!

【参考】2種類の食物繊維をバランスよく摂取する方法