免疫力アップで病気と無縁の身体に!

immunity02

風邪を引く、ウイルスに感染するというのは私たちの体に備わっている「免疫力」の働きが、低下しているからです。ウイルスや菌などから身を守るためには、免疫力が正常に働いている事が前提となります。

そこで、免疫力をアップさせる為に「食物繊維」が有効だという事が分かりました。どういった効果があるのか早速見ていきましょう。

ポイントは水溶性食物繊維

水溶性食物繊維である「β―グルカン」という物質が、体の中にある免疫細胞を活性化させるという事が分かりました。免疫細胞が活発になると、それぞれの免疫力がアップするので自然と免疫力が菌やウイルスをブロックするようになります。

腸の表面や内側で免疫細胞を刺激して、免疫細胞が活発に働くようになり、全身的に免疫細胞がアップしていくという効果があります。さらに腸内でβーグルカンが善玉菌のエサになることによって、腸内環境が良くなるので、腸自体の働きが活発になります。そして血流も良くなっていき、腸内が健康になり菌やウイルスなどを侵入させないようにする効果があります。

【参考】吸収できないのに効果があるって本当?βグルカンはがんに効く?

どんな食材から摂取すればいい?

β―グルカンを摂取するには、水溶性食物繊維が豊富な食材が必要です。代表的なものでいえば「大麦・キノコ類・海藻類」といった食材が理想的です。

これらに含まれているβ―グルカンは、少しずつ構造が異なっているので、色々な水溶性食物繊維が含まれた食材をバランスよく摂取するのが良いでしょう。

免疫力アップで何が変わる?

水溶性食物繊維を摂取して、免疫力がアップすれば良い影響がたくさんあります。

  • ストレスを感じても疲れが残らないようになる
  • 風邪を引きにくくなり、インフルエンザにもかかりにくくなる
  • 花粉症などのアレルギー症状が起きにくくなる
  • ガン細胞の抑制や進行抑制効果

このように、とてもたくさんの良い効果を得る事ができますので、是非とも食物繊維を摂取して、免疫力をアップさせたいものですね。